fc2ブログ

田舎歯科医の生涯研修日記---若きデンティストへ

医療は生涯研修の道です。地方で開業することは最新の医療から取り残される不安があります。地方で開業を予定している志の高い若き歯科医師へのメッセージです。
田舎歯科医の生涯研修日記---若きデンティストへ TOP  >  未分類 >  遅延型フードアレルギー

遅延型フードアレルギー

学生時代にIgEやIgG習いましたよね。覚えてますか?
教科書に出てることを現場で再度学びなおすこと多いですよ。

 今問題になっているのは、IgGが原因の遅延型フードアレルギーです。
即時型のアレルギーは食べてすぐ尋麻疹などがでるのですぐ気がつきますが
遅延型は時間がかかってから症状が出るので気がつきにくいアレルギーです。

遅延型フードアレルギーの例として、口内炎、関節炎、関節リュウマチ、疲労、頭痛、心臓病、
不眠、腸炎、便秘、吸収不良、湿疹、にきび、他色々な症状の原因になると言われています。

 口腔内にも関連がありますので私の歯科医院でも検査をしています。
96種類の食品のIgG検査です。

 食と歯科、口腔は消化管の入り口です。
[ 2012/11/07 19:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/02/13 17:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL